読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にんじゃりの歩む道。

主に青春18切符を使って在学中に47都道府県を巡ってます。ひとり旅のブログ書きながら理系として、就活生としての一面もすこし覗かせちゃってます。ふつーな学生のちょっと考えたこと、ちょっと行動したこと残してます。読んでください。

電車内での5つの過ごし方。ひとり旅ver



こんにちは、にんじゃりです。

47都道府県すべて行くという目標をたて、2015年春の段階で…

奈良、大阪、三重、京都、滋賀、兵庫、島根、鳥取、岡山、広島、愛媛、香川、徳島、高知、岐阜、愛知、富山、石川、福井、静岡、山梨、東京、埼玉、栃木、茨城、福島、山形、新潟、長野、長崎、佐賀、福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、山口、神奈川、和歌山、沖縄

と、40カ所行ってきました。

まだ、沖縄、東京、神奈川、近畿圏内は紹介してないところもありますが、またそこは後々…。

残りは群馬、千葉、宮城、岩手、秋田、青森、そして北海道。7カ所となりました。

ここで、これまで40都府県を移動するために最も使用してきた移動手段でもある電車内での過ごし方について紹介していきたいなと思います。

f:id:hatgib212:20161010141653j:image


電車での移動のメリット

まずは、電車移動のメリットについて。
電車は車やバイク、自転車などとは違い、寝ていても目的地には辿り着きます。
そして、天候にもあまり左右されません。(さすがに警報出るほどの大雨暴風では左右されますが…。)
時間通りに動くからこそ、事前に予定を立てやすいです。


電車での移動のデメリット

一方で、デメリットもあります。
時間通りに動くメリットは一方で時間に拘束されるというデメリットにもなります。
電車が1時間やそれ以上の時間に一本しかこないことによる待ち時間の発生
行きたい観光地の近くに必ずしも駅があると限らず、かなり歩かないといけないことも。
帰省ラッシュや都会の通勤帰宅ラッシュに巻き込まれれば、長い時間、人混みの苦しみを味わうことにも…。

電車内での5つの過ごし方

以上、メリット、デメリットを踏まえつつ
にんじゃりなりの電車内での過ごし方を紹介したいと思います。

  1. 寝る。
  2. 読書をする。
  3. 音楽を聴きながら外の風景を見る。
  4. これからの計画を立てる。
  5. 人と喋る。
この5つです。

それでは1つずつ紹介していきたいと思います。


1.寝る

寝ちゃいましょう。スヤスヤ。
時間に拘束される電車旅では始発に乗らないとたどり着かない目的地もあり、朝早くに起きないといけないって場合もあります。
そんなとき、例えぼーっとしてても目的地にたどり着く電車旅では、車内で睡眠時間を確保することも可能です。

ただし、寝過ごさないようには気をつけましょう。


2.読書をする

やはり電車の中は暇です。1時間以上も電車に乗ってます。でも、逆に1時間以上も電車に乗ってる時間というのは日常的にはあまりないと思います。そんな時間に読書をすることで自己投資するもよし、気になってた本を読んで楽しむもよし。電車内は他に邪魔されない、最高の読書スポットです。

ただ、本を持っていきすぎると荷物になるので3冊ぐらいに抑えておきましょう。


3.音楽を聴きながら風景を見る。

ひとり旅中の車窓はいつも見ている景色とは違う。それが初めての場所だったらその人にとって車窓は最高の癒しを提供してくれる。そうでなくてもいつもはあまり見ない外の風景から何かを発見することができる。都会よりも田舎、秘境が素敵。そんな風景を見ながら音楽を聴くと自然と心がウキウキしてきます。いつのまにか2時間経ってることも。


4.これからの計画を立てる。

次の駅では何しようかなぁ、明日はどこ行こうかなぁとか、考えておいて効率よくその場所をまわりましょう。時間は有限ですからね!

これからの計画は何も明日のことだけではありません。人はトイレ中、睡眠前後、移動中に閃きやすいと言います。
ひとり旅をしながら、ふと、これからの自分の生き方について考えてみてもいいのではないでしょうか?
きっと、ひとり旅が終わったあとの自分はまた変わった自分になってることでしょう。


5.人と喋る。

これが個人的には一番オススメです。
電車の座席はロングシート以外にも対面式、ちょっとした個室みたいになるところもあります。そんなところで向かいになった人に少し話しかけてみて下さい。
同じようにひとり旅してる人もいれば、帰省してる人、そもそも地元の人、様々な人がいます。
そういった人たちから話を聞き、自分も話す。
人生の中で実際に訪れる場所には限界がありますが、そうして人から話を聞くことで自分の中の世界は無限に広がっていきます

いきなりしゃべりかけるのが難しいなら

ちょっとトイレに行ってくるので少し荷物を見ててくれませんか?

というようなところから始め実際にトイレに帰ってから感謝を伝えたのちに話しだすといいと思います。

旅の出会いは貴重です。

出会える機会があるのなら、その機会は必ず掴んでいきましょう。

自分の中の世界は話せば話すほど、聴けば聴くほど、行動すれば行動するほど広がっていきます。

ぜひ、ひとり旅で世界を広げてみてください。

以上、にんじゃりでした!