読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にんじゃりの歩む道。

主に青春18切符を使って在学中に47都道府県を巡ってます。ひとり旅のブログ書きながら理系として、就活生としての一面もすこし覗かせちゃってます。ふつーな学生のちょっと考えたこと、ちょっと行動したこと残してます。読んでください。

2015年春 冬からの逃避行。Part2


こんにちは。陰がうす味にんじゃりです。

前回は長崎の途中まで書いたので、その続きから書きたいと思います。

まずはここに行きました。

f:id:hatgib212:20160923082846j:image

まるでグラバーなところに行きました。

修学旅行で行こうと思っていかなかった場所です。

個人的にはここは1人で行くよりもみんなで行った方が写真とかわいわいとれて楽しいんだろうなぁと思える場所でしたね。

長崎らしく、坂が多い場所でもありました。


f:id:hatgib212:20160923083205j:image
その後、わりと値段の高いちゃんぽん麺を食し、

次に目指すは軍艦島

世界遺産に登録された軍艦島へ。

ちょうどこの時は世界遺産にはまだ登録されていなかったのでそこまで混んでませんでした。

f:id:hatgib212:20160923083514j:image
f:id:hatgib212:20160923083536j:image
f:id:hatgib212:20160923083644j:image

廃墟感。この島はほんと見たことない光景が広がっています。

人がそこにいたんだという痕跡がそのまま残ってます。

この軍艦島

訪れるときにひとつだけ注意点があります。


それは、島までの船がすごく揺れるのでものすごく船酔いするということ。

ほんと、吐きかけました。

乗り物に弱い人は注意してください、絶対に吐きます。


日が沈み、夜の長崎へ。

この日は中華街でちょうど
f:id:hatgib212:20160923083949j:image

幻想的な赤が中華街を彩ってました。

こんな中で食べる中華も最高。

そして、長崎と言ったら夜景。

f:id:hatgib212:20160923084201j:image

頂上からみた夜景ではありませんがそれでも綺麗。

普通の夜景とは違い、斜面の建物も光り輝くため、平面の夜景ではなく、立体の夜景であるということが長崎夜景の素晴らしさなのではないでしょうか…。

この夜景をまぶたに残したまま、この長崎での日々を振り返り、ふと、財布を見ました。

40,000円しかない。

ん、80,000円持ってきたのになぁ…。

えっ、初日やで。


原因はたくさんありました。

⚪︎中華街での暴食
⚪︎携帯充電器紛失による購入
⚪︎観光地に落としてきたお金(軍艦島)
⚪︎ちょっと高いちゃんぽん麺
⚪︎佐世保での食費(レモンステーキ)
⚪︎佐世保長崎間の青春18不使用の交通費

いつのまにか40,000円も使ってたんだね…。


お金の余裕は心の余裕。

ほんとそうだなぁと思いました。

お金と心はリンクする。


すこし、ゆとりのない旅が始まりました。


今回はここまで!

以上、陰がうす味にんじゃりでした!






…はじめて、陰がうす味にんじゃりみたいな感じの始まり方したなぁ。